個人営業の仕事にはどんなものがあるの?【まとめ】

営業は嫌だ!やりたくない!

なんて声は何十年も前からありますが、一口に営業と言っても私がやってたような地獄の営業もあれば、割とホワイトな?ものまで結構色々ありますのでまとめてみました。

営業形態と業種別になってますので、もし転職とか考えているようなら参考にどうそ。

営業形態

まずは営業の形態、やり方別に解説していきます。

訪問販売(飛び込み/ルートセールス)

直接家に訪問して営業するスタイルです。一番つらいと思います。

全くアポイントもなく新規に訪問する事を
『飛び込み』

既に一度ご契約いただいているお客様に定期的に巡回訪問する事を
『ルートセールス』と呼びます。

当然ルートの方が楽です。

最近では特定商取引法(旧訪問販売法)の改正や在宅率の低さなどから、訪問販売の数はかなり減ってきています。

オートロックマンションの増加や、戸建でもインターフォンでの断りをどう突破するかなど、かなり難易度は高めです。

ただ、高額商品(リフォーム、給湯器、ソーラーなど)の販売や、即決させるって意味では最も適している方法です。

高いものを即決させるなら対面がベストなのは昔から変わりません。

ちなみに、営業中はほとんど一人ですので孤独です。嫌な事があっても話す相手はいません。
ただ逆にサボりやすいので自分でモチベーションの管理をしなければいけない事、また雨でも雪でも訪問しなければならないなど、精神的にも肉体的にもかなり大変です。

反面、一人が好きな人や、社内にずっといるのが苦手な人にとっては働きやすいかもしれません。

テレマーケティング

リストをもとに電話で営業するスタイルです。

電話で契約まで行うものを
『テレセールス』

主に訪問アポイントの取得や資料の送付など契約よりも前の段階までを行うものを
『テレアポ』と呼びます。

訪問販売に比べて効率よく営業をする事が可能で、会社側からすると、飛び込み営業の離職率の高さや、管理(さぼり対策)の難しさなどの問題も解決出来ます。

ただし、個人情報保護法などの影響もあり以前より個人向けの新規テレアポは相当厳しくなってます。

ですので、既に契約いただいているお客様へ他の商品を案内したり、インターネットや電話回線など、他社で利用しているものの切り替えを勧める時などに向いていると言えます。

求人情報にテレアポと書いてあったのに、取ったアポに自分が行かされたなんて話も聞いた事があるので気を付けましょう。

電話の仕事はサボる事は不可能です。一日中架電しますので、気の休まる暇がありません。

飛び込みより件数をこなせて効率が良い分、断られる回数も増えますが、対面ではないのでこちらの方が精神的には楽かもしれません。

逆に自己管理はあまり必要なく、常に周りに同じ仕事をしている人がいるというのは、監視されている感もある反面、心強く(周りもみんな断られてるので)もあります。

また、一人で外回りをしていると他の人のトークを聞く機会が少ないので、なかなか新しいトークが身に付きませんが、テレマーケティングなら人のトークが聞けますので成長速度は早いです。

通常、リーダー的な存在としてSV(スーパーバイザー)と呼ばれる人が居て、トークスクリプト応酬話法などを教えてもらう事も出来ます。

訪問販売が個人の能力次第の仕事だとしたら、電話の仕事はチームでノウハウを共有し組織的に対応しますので、多少受け身な人(仕事は教えてもらって当たり前的な考えの人)でも訪問販売の営業をやるよりはよっぽど楽です。

難点はサボれない事ですね。

カウンターセールス(内勤営業)

例えばアパートなどの賃貸営業のように、お客様が来るのを待つスタイルを指します。

飛び込み、テレマーケティングなどの営業と大きく違うところは特定商取引法ではなく宅建業法によって定められているという点です。

クーリングオフも基本的にありません。

営業で一番辛いと言われるアポ取りもありませんし、基本的には商品やサービスを申し込もうと思っている人が来ますので他の営業形態に比べれば難易度は低いです。

ただし、相手は基本何かを買うつもりで来てますので、ミスして契約を取りこぼしたりしないように注意する必要があります。

また、商談中以外は社内での業務が多く、他の営業職に比べると、社内での人間関係に悩まされる場合もあるでしょう。(訪問販売はずっと外ですし、電話は基本ずっとかけてるので話してる時間はあまりないので)

反響営業

テレビCM、DM、メルマガなどで宣伝を行い、問い合わせがあったものに対して営業をするスタイルです。

問い合わせ後の対応は

  • 訪問のアポイントを取る
  • 電話で申し込みの受付をする
  • 来訪のアポを取る

のいずれかになりますが、どれになるかで天と地の差があります。
訪問のアポを取るとしたら、その後は訪問販売と同じです。

B2C(個人向け)営業の業種

次は業種です。

それぞれ説明の最後に、下記の項目ごとに難易度を★で付けてみました。あくまで目安として参考にしてみてください。

営業難易度   契約に至るまでの難易度
学習難易度   営業する為に必要な知識や資格の難易度
精神的負担   精神的な辛さ
インセンティブ 売り上げに対してもらえるインセンティブの多さ
自己管理    モチベーション維持の難易度
採用難易度   転職での採用難易度(求められる学歴・経験、求人件数など)

保険営業

保険商品の販売を行います。会社や部署によって営業スタイルや取り扱う商品は様々ですので、応募時に良く確認する必要があります。

BtoC営業の中でも市場規模はかなり巨大であり、既に一定のニーズがある業種です。

以前は生保なら生保だけで損保は出来ませんでしたが、規制緩和で取り扱う商品も増えました。(最近だとauとかも保険売ってますよね)

また法改正があったり税金の事を聞かれたりなど結構な知識が必要になりますので、覚えなければいけない事も多くなりますが、割とコテコテの営業的なところもあり、総合力が必要になります。

ネット販売も増えてきており、今後その流れはさらに強くなっていくと考えられますが、それでもまだ巨大なマーケットである事には変わりありません。

営業難易度   ★★★☆☆ 
学習難易度   ★★★★☆
精神的負担   ★★★★☆
インセンティブ ★★★★☆
自己管理    ★★★★☆
採用難易度   ★☆☆☆☆

カーディーラー

大きく分けて新車、中古車、輸入車のディーラーなどがあります。

ボロボロの中古車と高級外車

ファミリーカーとスポーツカー

などのように商品によって客層に大きな違いがあります。

営業形態としてはカウンターセールス的な待ちの割合が大きく、アポ取りでの精神的な負担は低めです。

現職の知り合いに聞いたら、昔みたいに飛び込みはやらないそうです。

ただ、毎日契約が取れるような商品ではないので、トークに問題点があっても気づくのが遅くなる事があります。それを避けるためにはロープレを多く行うなどの積極性が必要になるでしょう。(まぁ上司に無理矢理やらされると思いますが)

営業難易度   ★★★☆☆
学習難易度   ★★☆☆☆
精神的負担   ★★☆☆☆
インセンティブ ★★☆☆☆
自己管理    ★★☆☆☆
採用難易度   ―     

※国産メーカのディーラーと街の中古車屋さんでは開きがありすぎるので評価なしにしました

金融商品

株、投資信託などの販売を行う仕事で、主に銀行や証券会社などがあります。

お金を扱う仕事ですので、コミュニケーション能力はもちろんですが、相手に信頼されることも重要です。身だしなみや、言葉遣い、正確で豊富な知識など、他の業種と比べると求められることもかなり違ってきます。

客層も知識や教養がある人が多くなりますので、きちんとした知識が必要です。

私が知人に聞く限りでは、銀行系はそれほどノルマが厳しくない(ノルマはあるけど追及されたり、全体の前で怒鳴られたりはない)ところが多いですが、証券系は結構厳しいところもあるようです。

上場企業ではそれほど厳しくないところもあるようですが、昔のようなゴリゴリの営業スタイルのところもまだまだあるようです。いずれにしろ、転職で入れる事はあまりないと思います。

営業難易度   ★★★☆☆
学習難易度   ★★★★☆
精神的負担   ★★★☆☆
インセンティブ ★★☆☆☆
自己管理    ★★★★☆
採用難易度   ★★★★★

※インセンティブは証券会社はかなり高いところもあります

資産運用

金融商品も資産(現金)の運用ですが、求人などで資産運用という場合は土地活用や投資用マンションの販売などが多いです。

例えば、使っていない土地を持っているお宅に訪問し、駐車場にする提案をしたり、アパートを建てる提案などをする仕事です。
また、投資用マンションの場合は営業対象がサラリーマンの場合が多く、地主さんとは客層もかなり違ってきます。

厳しさは会社によって様々で一概には言えませんが、中には他の業種よりさらに厳しいところもありますので、転職を考える際は慎重に情報を集める事をおすすめします。

ただ、高インセンティブのところもたくさんありますので、自信のある人やどうせ営業やるなら稼ぎたいという人には向いています。

営業難易度   ★★★★☆
学習難易度   ★★★☆☆
精神的負担   ★★★★☆
インセンティブ ★★★★★
自己管理    ★★★★☆
採用難易度   ★★★☆☆

リフォーム

個人宅やアパート、マンションなどのリフォーム営業です。

最近減ってきたとはいえ、最も飛び込み営業が多い業種の一つです。
なぜなら、電話や反響を待つよりも、実際に見て問題点を指摘出来たり、決定権者がいればそのまま商談に入れるなどのメリットがあるからです。

(ちなみに訪問販売で物を買う人の一番の特徴は面倒くさがりです)

但し、平日の日中は決定権者(主に父親)がいない場合が多く、基本的には夜や休日に再訪のアポを取る事になりますので、土日に休みたい人には向かないかもしれません。

また、高額な割には即決させるスタイルを取る会社もあり、かなりの営業力と強い精神力が必要になります。
その分インセンティブ(歩合)も高めで、やりがいを求めている人や稼ぎたい人などに向いていると思います。

営業難易度   ★★★☆☆
学習難易度   ★★★☆☆
精神的負担   ★★★★★
インセンティブ ★★★★☆
自己管理    ★★★★☆
採用難易度   ★★☆☆☆

不動産販売営業

大きく分けて、戸建て、マンション、土地などがあり、それぞれ新築、中古を取り扱います。

特に新築一戸建ては一生に一度の買い物と言われる程高額になりますので、営業には総合的に高い人間力が求められます。
知識はあっても感じが悪い、対応はすごくいいが身だしなみが悪いとか
何か一つでも気になる点があると、その人から家を買おうとは中々思えません。

以前のような高インセンティブでハードなやり方よりも、4大出の新卒を配属しインセンティブを少なくする分ノルマも厳しく追及しないところも増えてきているようです。
(知人の子供が入社したところは大手ですが、あんまりノルマはきつくないそうです。にも関わらず本人はめげてるらしいですが)

扱う商品や企業によって違いはあるものの、基本的には高インセンティブの会社ほど厳しい傾向があります。大手でもなく歩合も低いのに厳しいなら辞めちゃってもいいんじゃないでしょうか。逆にそういう会社での経験があると、同業他社から高く評価されるような事も多々あります。(あそこで3年も続いたんだ、すごいね!みたいな感じで)

お客様の傾向としては、比較検討しないで決めるという事は少なく、また比べるポイントも千差万別です。

例えば車のように燃費や馬力で比較するみたいな単純な比較ではないでしょう。(車の営業もこんなに簡単じゃありません。車業界の方すいません)

その割にはさんざん比較した結果、最後は営業マンで選んだっていう人が結構いるので、逆に営業の腕の見せ所でもあります。

また、個人営業のなかでは最も契約件数が少ない仕事の一つですので、自分の営業の見直しの為にロールプレイングなどに力を入れる必要があります。(やらされますが)

営業難易度   ★★★★☆
学習難易度   ★★★★☆
精神的負担   ★★★☆☆
インセンティブ ★★★★☆
自己管理    ★★★★☆
採用難易度   ★★★☆☆

不動産賃貸営業

カウンターセールスと呼ばれるスタイルの中で一番多いと思われる業種です。

他の業種に比べて購買動機がほぼ固まっている場合が多く、アポ取りもないですし、ニーズも既に相手にあるので他の業種と比較すると簡単な部類に入ると思います。

その分、契約を取りこぼすとなんで断られてんの?なんて詰められることもあるとかないとか。また、狭い店舗に少人数で働く場合もあり、営業面よりも社内での人間関係に悩まされる事もあるかもしれません。

営業難易度   ★☆☆☆☆
学習難易度   ★★☆☆☆
精神的負担   ★★☆☆☆
インセンティブ ★☆☆☆☆
自己管理    ★☆☆☆☆
採用難易度   ★★★☆☆

未経験からの転職ならWORKPORT

首都圏のIT・営業職求人多数。転職ならマイナビエージェント

最後に

業種に関しては対個人に絞ってお話しさせてもらいました。細かく挙げればまだたくさんの業種がありますが、基本的にはここで説明した業種と似ている部分が多いと思います。

自分のタイプに合った仕事なら精神的な負担も少ないですし、今まで気づかなかった自分の才能を発揮することも出来ます。

個人営業のいいところは、あまり学歴は問われず、売れている人間が評価(お給料や昇進など)されるというシンプルなルールの会社が多いところです。

意外かもしれませんが、他の職種ではあまり見られないことです。
同じミスをしても自分だけ怒られたり、上司に嫌われたり、同僚とうまくいかなかったり、仕事の能力以外で評価されることがとても多いのです。

法人営業についてはいつか書きたいと思います。

▼為になったらTweet/いいね!/はてブお願いします!

▼SESあるある呟いています

私(管理人)の知人が起業しました!!※H30.10

次の三つを採用理念にしているとのことです

 

①契約単価の7割以上を社員に還元

②案件は自分で選べる

③現場を変わりたい場合、最短で翌月末には引き上げ調整

 

世の中にはあくどいSES企業が蔓延していますが、元をただせば給料が安いか職場環境が悪いかのどちらかに必ず行きつくので、その両方の心配がないってのはとても安心ですね。

やるな~

募集状況を見る

↑エンジニア不足で大変みたいなので、興味がある人はのぞいてみてやってください。入社即600万もらってる人もいるみたいなので、今なら年収大UPもありうるかも。