IT企業の人事が教えるおススメ【転職エージェントBEST3】

IT企業で人事をしていた私が教える技術者向け転職エージェントランキング

三位 type転職エージェント

3位はtype転職エージェントです。

スキルの棚卸しが得意で、特に採用企業側の評価につながる(=給与UP↑)経験をどんどん掘り起こしてくれます。

私が人事の時にもよく営業に来てくれていましたが、企業側が欲しがる人材のポイントを良く抑えてます。

「そういう人なら確かにそれぐらいのお給料が妥当でしょうね」と何度も言った記憶がありますが、入社後源泉徴収票を確認すると前職よりも相当年収アップしている人が多かったですね。

根拠はないけど自分に自信がある人や、自信はないけど今の会社では正しく評価されていない気がしている人は転職サポート↓に登録しておいてください。

第二位 マイナビエージェント

第二位はマイナビエージェントです。

マイナビさんはIT業界に詳しい人が担当してくれるので、スキルだけではなくそれ以外の価値にも気づいてもらえるのがいいところです。

例えば、そういった作業ならこんな苦労があったでしょうね、とかあのプロジェクトにいたんですか!あそこは大変だったでしょう?みたいに業界あるあるに詳しい人が話を聞いてくれます。

私が会っていた担当さんは、スキルも勿論ですが人柄や長所などを良く把握して紹介してくれたので、入社後に辞める人がすごい少なかったですね。

第一位 リクルートエージェント

第一位はリクルートエージェント!!

とにかく持っている求人数が半端じゃなく多い!!

企業がエージェントを使って人を探す時、通常一社にしか声を掛けません。なぜならそれぞれの会社から同じ人が提案されてくる事があるからです。

そこで、まずA社にお願いしていなければB社、次にC社へ、という流れで人を探すのですが、どこに最初に連絡するかと言われたら、やはり登録者数の多いリクルートからでした。

だからリクルートは求人数が多いんですね(企業がエージェントにこんな人いませんか?と聞いたら、それを非公開求人と呼んでるんです)

リクルートの持っている求人数は他社の3倍~5倍くらいあります。

なんだかんだ言っても、マッチする仕事がなければそもそも給与UPも何もないですから、やはり数の力というのはとても大事だという事ですね。

まずはリクルートから登録しておいてください。

公式サイト

▼為になったらTweet/いいね!/はてブお願いします!

▼SESあるある呟いています

私(管理人)の知人が起業しました!!※H30.10

次の三つを採用理念にしているとのことです

 

①契約単価の7割以上を社員に還元

②案件は自分で選べる

③現場を変わりたい場合、最短で翌月末には引き上げ調整

 

世の中にはあくどいSES企業が蔓延していますが、元をただせば給料が安いか職場環境が悪いかのどちらかに必ず行きつくので、その両方の心配がないってのはとても安心ですね。

やるな~

募集状況を見る

↑エンジニア不足で大変みたいなので、興味がある人はのぞいてみてやってください。入社即600万もらってる人もいるみたいなので、今なら年収大UPもありうるかも。

コメントの入力は終了しました。