自分の単価知ってる?エンジニアは原価と売価の関係を知ろう!

IT技術者のみなさんお仕事お疲れ様です。

この記事では、客先常駐しているエンジニアの単価がどのように決まるのかについて説明していきます。

ビジネスの仕組みを知ろう

ビジネスの多くは仕入れと販売の差益で成り立っています。

業種によって違いますが、粗利(売上から原価を引いた金額)率は30%前後になる事が多いです。

まず最初に、派遣業(SES含む)も粗利率は30%ぐらいが一般的である事を知っておきましょう。

逆に考えると、会社を存続させるには粗利30%が必要になるという事です。

原価の計算方法

派遣・SESにおける原価はほぼ人件費です。

人件費=給料だと思っている人が多いのですがそうではありません。

以下の条件で人件費の計算方法を説明します。

給与条件
月額給与 300,000円(賞与無し)
交通費 20,000円

契約条件
月額単価 600,000円
精算幅 140h-180h
超過控除計算方法 上下割
 超過単価 3,300円 / 控除単価 4,200円

人件費

会社が負担する費用

金額
給与 300,000円
交通費 20,000円
社会保険料(9.9%÷2=4.95%) 15,840円
厚生年金(18.3%÷2=9.15%) 29,280円
雇用保険(6/1000) 1,920円
労災保険(2.5/1000) 800円
有給休暇(月1日取得として計算) 15,000円
残業持出し分※1 46,800円
待機リスク(年間1か月として計算) 25,000円
合計 454,640円

※1 残業持出し分の計算方法
(180時間ー160時間)×残業単価

顧客との契約における精算幅の上限が180hの場合、月間稼働が180時間までは追加でお金がもらえません。ただ、社員への残業代は支払わなければいけないので、この差の20時間分を原価に算入します。

上記以外にかかるコスト
・事務所費用
・通信費
・光熱費
・販売管理費 など

原価の計算方法は以上です。

月給30万の社員でも45万以上のコストがかかっている事が分かると思います。

派遣のお給料が高い理由

ちなみに登録型派遣の方が総じてお給料が良いですが、その理由はこの表で言う所の有休、残業持出し分、待機リスク(合計で86,800円分)がほぼゼロになり給与に上乗せできる為です。

・有休⇒半年未満なら発生しない
・残業持出し⇒顧客との契約も時給が多いので不要
・待機費用⇒案件が無い時は給料も発生しないので不要

売価の計算方法

最初に多くの企業で粗利益率は30%程度になるとお話ししました。

では月給30万円の技術者の提案単価(売価)はどれぐらいになるのでしょうか。

計算方法は次の2通りあります。

①454,640円÷0.7 = 649,485円

②454,640円×1.3 = 591,032円

①か②かは会社によって考え方が違いますが、いずれにしろ60万~65万で提案しないと、会社を継続するのに必要な利益が確保出来ないという事になります。

まとめ

月給30万の技術者の提案単価は60万~65万になる事がお分かりいただけたと思います。

経営者や営業など利益管理をしている人間からすれば当たり前の話なんですが、技術者の人がみたら

え!?会社が35万もピンハネしてるの!?!?

ってなりますよね。

そんな時はこの記事を思い出して気持ちを落ち着かせてみてください(笑)

最後に、給与を入力するだけで、自分の単価が計算出来るツールを置いておきますので遊んでみてください。

※交通費は入力しないでもいいですが、入力した場合は計算ボタンを再押下してください。

計算結果から分かる事

実際の単価より低かった場合

①会社が利益を下げて給与に還元している

良い事のようにも思えますが、利益率が低いというのは会社経営としては悪い事です

②営業力が低い

低単価でしか決められないという事は営業力が無いと考えられます。

③自分の給与が相場より高い(かも)

実際の単価より高かった場合

①会社が儲けている

悪いようにも思えますが、会社に体力があるというのは(長く働くなら)安心材料です

②営業力が高い

相場よりも高い単価で決定出来るのは営業力が高い証拠です

③自分の給与が相場より安い

▼為になったらTweet/いいね!/はてブお願いします!

▼SESあるある呟いています

私(管理人)の知人が起業しました!!※H30.10

次の三つを採用理念にしているとのことです

 

①契約単価の7割以上を社員に還元

②案件は自分で選べる

③現場を変わりたい場合、最短で翌月末には引き上げ調整

 

世の中にはあくどいSES企業が蔓延していますが、元をただせば給料が安いか職場環境が悪いかのどちらかに必ず行きつくので、その両方の心配がないってのはとても安心ですね。

やるな~

募集状況を見る

↑エンジニア不足で大変みたいなので、興味がある人はのぞいてみてやってください。入社即600万もらってる人もいるみたいなので、今なら年収大UPもありうるかも。