エンドユーザー

エンドユーザー

Wikiによると

エンドユーザー(英: end-user)とは、経済学と商業において、「商品を使う人」を意味する言葉である。

となっています。

SES営業やIT技術者の中では、「そのシステム使う会社」又は「発注した会社」といった意味で使われています。

例えば

銀行⇒銀行の情報子会社⇒SIer⇒二次請け

このような商流の場合、銀行をエンドユーザと呼びます。

※仮に銀行のATMシステム開発に携わっていたら、そのシステムを使うのは一般の人達ですが、だからと言って利用者をエンドユーザと呼ぶ事はあまり無く、お客様や利用者という言い方をします。

▼為になったらTweet/いいね!/はてブお願いします!

▼SESあるある呟いています

私(管理人)の知人が起業しました!!※H30.10

次の三つを採用理念にしているとのことです

 

①契約単価の7割以上を社員に還元

②案件は自分で選べる

③現場を変わりたい場合、最短で翌月末には引き上げ調整

 

世の中にはあくどいSES企業が蔓延していますが、元をただせば給料が安いか職場環境が悪いかのどちらかに必ず行きつくので、その両方の心配がないってのはとても安心ですね。

やるな~

募集状況を見る

↑エンジニア不足で大変みたいなので、興味がある人はのぞいてみてやってください。入社即600万もらってる人もいるみたいなので、今なら年収大UPもありうるかも。