SES営業は数年以内に消滅します!

SES営業のみなさんお疲れ様です!

SESについてはツイッターなどでも色々言われていますが、実際は良くわかってない人たちの戯言なのであんなものは無視して大丈夫です。

ただ、私もSES業界に身を置くものとして、タイトルにあるような事態になったら困るのですが、ほぼ確実にSES営業は消滅すると予想していますので、その根拠を説明していきたいと思います。

請負適正化のさらなる厳格化

先日派遣法の改正が行われ、特定派遣から一般派遣の切り替えが出来ない小規模事業者が続出しました。

理由は簡単で、新しい派遣許認可の要件に

「資産2000万以上」かつ「現預金で1500万以上」

これをクリアしなければならない、という決まりがあるからなんです。

銀行から借り入れすれば何とかなるのでは?

と思うところですが、例えば2000万借り入れた場合、現金は2000万になりますが、資産は0(現金2000万-借金2000万なのでプラマイゼロ)になり全くクリアできません。

そこで一般派遣の許認可を諦め「うちは準委任(SES)一本でやっていく!」みたいな社長がたくさん現れたのですが、こんな事はお国もお見通しです。

準委任も請け負いの一種ですから、現場で指揮命令を受けてはいけません。

このルールをより厳格化していくのが今後の流れになるのは必然です。

顧客が嫌がる

上場している顧客は、派遣契約以外での一人常駐はほぼNGです。

(もちろん2名以上であれば大丈夫ですが)

派遣の許認可も取れない規模の会社が、常に2名以上で同じ案件に人を入れるのは、実際は至難の業です。

そうなると「一人常駐でもいいですよ」という緩い顧客に流れていく事になるのですが、こういう顧客は商流が深いので単価も低くなり、当然社員へ払うお給料も低くなります。

今IT業界は超売り手市場であり、条件の悪い会社がエンジニアを採用するのは無理です。

また、協力会社から人を借りようにも深い商流で受けた案件では単価も低くまず契約にはなりません。

結果、こういった会社は経営が立ち行かなくなりつぶれる可能性が非常に高いです。

これからは派遣か請け負いの二極化になる

以上の事から考えて、今後は「派遣契約」かれっきとした「請負契約」に二分化されていくことは間違いありません。

SESが残るとしたらこの二つのおまけ的な感じになるでしょう。

転職市場においてSES営業の市場価値は非常に低いので、今景気がいいうちに派遣営業か請負の営業、もしくはソリューション営業などに転職することをお勧めします。

この仕組みに気付いた一部のSES営業は徐々に転職を始めているので、もう少しすると競争率が高くなりかなり厳しい争いになると思われます。

ちなみにこのお祭り騒ぎのような売り手市場はエンジニアだけですよ?

営業やその他の職種は普通なので、IT業界の活況につられて甘く考えないように気を付けましょう。

▼為になったらTweet/いいね!/はてブお願いします!

▼SESあるある呟いています

私(管理人)の知人が起業しました!!※H30.10

次の三つを採用理念にしているとのことです

 

①契約単価の7割以上を社員に還元

②案件は自分で選べる

③現場を変わりたい場合、最短で翌月末には引き上げ調整

 

世の中にはあくどいSES企業が蔓延していますが、元をただせば給料が安いか職場環境が悪いかのどちらかに必ず行きつくので、その両方の心配がないってのはとても安心ですね。

やるな~

募集状況を見る

↑エンジニア不足で大変みたいなので、興味がある人はのぞいてみてやってください。入社即600万もらってる人もいるみたいなので、今なら年収大UPもありうるかも。